シミとステロイドは相性が悪い?

ステロイドは、シミには無関係です!

良くアトピー性皮膚炎や、皮膚の
痒みの改善のために、皮膚科で、
ステロイドを処方される方が
いらっしゃいますが、ステロイドは、
シミとは、関係はありません。

何故なら、ステロイドは、皮膚の
引っ掻き傷から生じる炎症を抑える
働きがありますが、ステロイドを
塗ったからといって、シミが増える
ということはありません。

虫刺されで、シミになる場合はあるの?

虫刺されやかぶれにより、シミになる
という方が時折いらっしゃるようですが、
この引っ掻き傷によって起こるシミは、
後遺症性色素沈着といって、ごく稀に
できる色素沈着の一種です。

また、虫刺されやかぶれの部分により
ステロイド軟膏を塗った部分は、日光に
過敏な反応を示すということではありません。

むしろ、ステロイド軟膏を使用された方が
炎症を抑え、シミを予防することができる
と言われています。

 

 

ステロイドは、長期間使用に注意!

ステロイドは、皮膚の炎症を抑える
働きがありますが、長い期間で使用を
続けると、皮膚が薄くなってしまい、
肌に摩擦を加え、色素沈着の原因に
なる場合があります。

そのため、皮膚の炎症を抑えるために、
ステロイドを長期間使用を続けること
はしないよう、医者の指示や使用法を
きちんと守って使う必要があります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ